2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

emonsterのカメラで撮影した写真が縦になっていることについて

KaiserTweak というソフトをemonsterに入れて、解凍、起動、
Camera→Rotate Bugというところで、Bugged(Default)となっているところを
Fixed(Advised)に変更すると、撮影した写真が、ちゃんと横向きになっている。
http://www.jongma.org/KaiserTweak/
ここからKaiserTweakが手に入る。

ふう、これでやっとカメラがまともに使えるようになった。
しかし、今までに撮影した写真を全部回転しないとならんのだよな、、、、。
スポンサーサイト

windowsmobileのメールの絵文字が文字化けしてたのでなおした。

e-monsterのメール何だけども、携帯用絵文字が文字化けしている。
さて、どうしたものかなーと思ったんだけども、
ポケットの手を入れてあったのだけども、

http://smart-pda.net/Members/mikiofuku/software/pockethand2/Chapter-050010.html#050010012000

ここに従って外字フォントを入れたら直った。

linuxでgimpで縦書きする場合。

http://reddog.s35.xrea.com/wiki/GIMP2%A4%C7%BD%C4%BD%F1%A4%AD.html
ここにある縦書きツールをインストールして使えばOK.
インストール方法は、linuxでは毎度の
$./configure
$make
#make install

で出来ます。
だから、gentoo linuxのebuildもすぐ作れそうだけども、作り方忘れた、、、、。

ただし、このソフトはフォントを独自管理しているので、まずフォントの設定をしてやらないとならない。
フィルタ→text→tategaki
で、縦書きpluginを起動できます。そして、FontDirタブをクリック。
一番左の新機作成のアイコンをクリック→右の枠にフォントファイルのあるディレクトリを指定してやって、
一度縦書きpluginを終了してやり、再起動すると、先のフォントが使えるようになっています。

また、作られる場所はその状態で指定されている範囲の左上を起点として作成されるので、
先に道具→選択ツールで適当な範囲を設定してやらないと望む位置に作られない。
レイヤーの動かし方がわかれば、任意に動かせるのだろうけども、動かし方僕は知らないんで、、。

SATA DVDドライブをgentoo linuxにセット

古いDVDドライブからリッピングしたら調子が悪いので、寿命かな、と思って新しいDVDドライブにすることにした。
で、マザーボードはIDEが一つしかない奴なので、新しいのはSATAにした。
ASUS DRW-2014L1T B BULK
いやまあ、安かったし、ASUSなら大丈夫かなーと。
いつ買ったかな。前のはLG電子のだったが、案の定壊れたし。たぶん2年は行ってないと思う。

以前、linuxはSATAに対応していないときいていたからどうなのかな?と思ったけど、案の定情報がなくて難航、、、
とりあえず、カーネルの該当フラグっぽいのを適当にオンにしてコンパイルし直すが、うまく行かない。

http://gentoo-wiki.com/HARDWARE_SATA
を何とか発見。

Device Drivers --->
SCSI device support --->
<*> SCSI device support
<*> SCSI CDROM support
<*> SCSI generic support
File systems --->
CD-ROM/DVD Filesystems --->
ISO 9660 CDROM file system support
[*] Microsoft Joliet CDROM extensions
[*] Transparent decompression extension
UDF file system support


これの通りカーネルオプションを設定して再起動を書けると、dmesgは

scsi0 : ahci
scsi1 : ahci
scsi2 : ahci
scsi3 : ahci
ata1: SATA max UDMA/133 cmd 0xf8822100 ctl 0x00000000 bmdma 0x00000000 irq 18
ata2: SATA max UDMA/133 cmd 0xf8822180 ctl 0x00000000 bmdma 0x00000000 irq 18
ata3: SATA max UDMA/133 cmd 0xf8822200 ctl 0x00000000 bmdma 0x00000000 irq 18
ata4: SATA max UDMA/133 cmd 0xf8822280 ctl 0x00000000 bmdma 0x00000000 irq 18
ata1: SATA link up 1.5 Gbps (SStatus 113 SControl 300)
ata1.00: ATAPI: ASUS DRW-2014L1T, 1.00, max UDMA/66
ata1.00: configured for UDMA/66
ata2: SATA link down (SStatus 0 SControl 300)
ata3: SATA link down (SStatus 0 SControl 300)
ata4: SATA link down (SStatus 0 SControl 300)
scsi 0:0:0:0: CD-ROM ASUS DRW-2014L1T 1.00 PQ: 0 ANSI: 5
sr0: scsi3-mmc drive: 48x/48x writer dvd-ram cd/rw xa/form2 cdda tray
sr 0:0:0:0: Attached scsi CD-ROM sr0
sr 0:0:0:0: Attached scsi generic sg0 type 5
こんな感じで、きちんと認識できた旨のメッセージがでる。

/dev/sr0にマウントされたみたいだね。

そして、kscdで音楽を再生しようとするが音がでない。
オーディオケーブルをさしていないからかなーと思ったけど、DVDドライブにさす場所がない。
今はアナログ再生からデジタル再生に移行したことによる物だからだが、でも音がでないのは困った。
ただ、これはkscdの「ダイレクトデジタルプレイバックを使う」にチェックをいれたらあっさり再生できるようになった。
それまでにはいろいろめぐりめぐったけどなぁ。

emergeでエラーがでて止まるパッケージを飛ばしてつぎのbuildを行うコマンド。

#emerge --skipfirst --resume
と言うコマンドがあるらしい。

emergeをもう一度やるが、はじめのbuildを飛ばすと言うコマンドか。

あまりにもアップグレードしなくてはならないファイルがでてきて、
いくつかエラーがでてしまうが、先のパッケージをインストールしたいときに便利。
他のパッケージをインストールしたら、buildが通るようになることも良くあるしね。

«  | HOME |  »

プロフィール

パラジョン

Author:パラジョン
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。