2006-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DS修理

注文していた物が届きましたよー
画像が汚いのはかんべんを。
038-2.jpg
ふろむ香港。
漢字と英語が降り混ざった封筒になってました。

で、開けてみるとこんな感じ。
039.jpg

さっそくDSを開けてみる。
一センチ程のカバーに隠れたネジを4本外して、、、と。
041.jpg
お、PS2やらノートパソコン見たいにあっちを開け、こっちを開け、
なんてことしなくてもいいかな?
どーもこの基板のネジを外せばそれでいけるっぽい。
更に2本ネジを外して。
042.jpg
壊れた液晶が見えて来た。どうもフレキシブルケーブル2本でつながってる様子。

ここで、古い液晶の周りの両面テープを新しいのに流用しようとしたが、
はがすのがどーもうまくいかない。
よって、新しいものにも使えなかった。
結局、ダイソーのクッション付き両面テープを使うことにする。
045.jpg


そして、新しい液晶に交換。
043.jpg


電源をいれる、、、、が、これがなかなか付かない。
下液晶が一時白く写るが、すぐプチっと切れる。
むー、初期のハードウェアチェックで引っかかってるのかな?
それとも、どこかにボタンでもあって、開けたことを検出してるのか。
それともフレキシブルケーブルの差し込みが悪いのか。

電池外してみたり、一度はめ込んで苅らしめてみたり、接点部分を押えてみたり、
一度元の液晶に戻してみたりなどいろいろ工夫して1時間。
やっとDSに新しい命が吹き込まれた。
046.jpg

いやー、本当に難儀したから、よっしゃーってさけんじゃったよ。
その後いろいろ試してみたけど、どうもフレキシブルケーブルが
かなり外れやすいみたいだな。
一反はめ込んでしまえばいいんだけども基板のネジなんかを外したりして
フレキシブルケーブルが何らかの変動がかかるような状態になると、
あっと言う間にずれる。
一つの手段として、ケーブルを押えて、深くはまるように押し込めてみると付くことがあるかも。
まあ、深くいれすぎてもダメらしいから難しいけどねー。

もっとも、開けると保証が無くなるらしいんで、
やる人はよーく考えてからやるように。
僕の場合DSはオークションで落したものから保証って何?状態でしたので。

PS,この度はエフさん、いい情報ありがとうございました。
スポンサーサイト

パテーション分割してデュアルブート化

ノートパソコンの方にはgentoo linuxだけしかいれてなかったんだけども、
大学でwindowsゲームをしたくなったので、windowsをデュアルブートで入れることにする。
デュアルブートとは、二つ以上のOS(パソコンの基本ソフト)を一つのパソコンに入れるというものである。

ただし、それにはハードディスクに領域の設定を行わなければならない。
ハードディスクは20GBのものを使用しており、
hda1 100MB boot(起動ファイル)領域
hda2 19GB その他linuxファイル領域
hda3 1GB swap(メモリが不足してきたときにハードディスクに書き出す領域)
これのほぼ全領域をlinuxに当ててたが、
これを分割して11GBをlinux,8GBをwindowsに割り当てることにする。

つまりは一旦、linuxのデータをどこかに避難させにゃならんのだが、
sambaやftpも以前ちょっと触ったことあるけど、今回設定するのはめんどくさいから、
圧縮してscpでコピーすることにしよう。

knoppix(HDD無しで起動するlinux
今回のようにハードディスクの設定を変えたりするときとか、
起動ファイルの破損により起動ができないときのファイルの修復などに使う)
これを/mnt/hda2にマウントする。(HDDをファイル領域に関連付けさせる)

をつっこんで、ファイルの圧縮を行う。
tar -cvzpsf /mnt/hda2/tmp/aerial-cry-backup.tar.gz -C /mnt/hda2 --exclude mnt --exclude tmp *
と、mnt,tmp以外のファイルを全部圧縮をかける。

、、、、、鬼のように時間がかかる。1時間半ほど。
いくつかコピーできなかったファイルがあるとのこと。

で、メインマシンに転送。
これまた時間がかかる。てか、ローカルネットワーク内接続なのに、1Gbit/sしかでない。
40分かかったよ。
そして、パテーションの切り直し、linux領域の初期化を行って、再びメインマシンからこちらにデータを送る。
これも時間がかかる。一時的には8Gbit/sでるのに200MBぐらいごとに、HDDに書き出しにいって止まったようになる。こちらも40分かかる
dma(ハードディスク高速化規則。ただし、マザーボードに合ったドライバをいれてやらないとならず、一枚のCDに納めてるknoppixでは入ってない可能性が高い)
が有効になってないんだろうか。

そして、解凍し、起動する。
んん?/dev/hdaが見付からない?
チェックしてみるが一応見えてる
device.mapが見えてない、見たいなことを言ってるが、
そのデータをインストールするためgrub(一番最初の起動部分)を再インストールしてみるが
それでもダメ。

よーく見てみると、sysってディレクトリがないからどうのこうのってエラーもでてる。
メインマシンと見比べてみると、tmp share sys mntのディレクトリもない。
そこら辺のディレクトリを作ってやったら起動。

次はウィンドウズと。
領域にインストールして、windowsを起動し、windowsグラフィックドライバ、サウンドドライバあたりを入れる

そして、このブログを送信しようとしたところ、送信できない。
んー、なんかルータの調子がおかしくなった?
余計な線を認識してる模様?
その線を抜いてみたら動いたけど、なんでじゃほい?

«  | HOME |  »

プロフィール

パラジョン

Author:パラジョン
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。